工学院 - 機械系

Striving to Create Innovative Mechanical Systems

English

大学院入試 2017.09.11更新Admission

平成29年度大学院入試(平成29年9月入学および平成30年4月入学の「機械系・システム制御系大学院入試」)は終了しました。

平成30年度大学院入試の試験科目について

平成30年夏期実施選抜試験(平成30年9月入学および平成31年4月入学)より、機械系とシステム制御系の選抜試験は別々に実施します。
機械系では、①『A日程』口述試験、および ②『B日程』筆答試験と口頭試問、を実施します。

『B日程』筆答試験の試験科目は下記の通りです。「数学」「物理」の筆答試験はなくなり「選択専門科目」のみになります。

・選択専門科目(3時間)

以下の5分野の問題より4つを選択

  1. 材料力学
  2. 機械力学
  3. 熱力学
  4. 流体力学
  5. 工業数学

英語については、これまで通り試験を実施せずに、本学の指定する外部英語テストのスコアをもって評価します。

大学院入試過去問題 ”工学院-機械系”を参照。

よくある問合せ(2018.5.11更新)

質問】選択専門科目で以前まで出題されていた、制御理論、電気回路、信号処理、材料・加工は平成30年度以降出題されなくなるということでしょうか。
回答】平成30年度の選択専門科目は、材料力学、機械力学、熱力学、流体力学、工業数学の5分野から出題されます。基本的にこれらの分野の範囲内で出題されますが、他の分野の内容であっても学術的に関わる事柄については問題に含まれる可能性はあります。

質問】専門科目の「工業数学」の出題範囲はどのようになっているのか。
回答】工業数学の出題範囲は、ベクトル解析、複素関数、フーリエ解析、常微分方程式、偏微分方程式、および従来の数学の範囲が含まれます。

質問】専門科目の「機械力学」の出題範囲に「機構学」は含まれますか。
回答】含まれません。

質問】専門科目の「熱力学」の出題範囲に「伝熱工学」は含まれますか。
回答】含まれません。

機械系入試に関する問い合わせ先

機械系入試担当 肖 鋒,Email:xiao(a)es.titech.ac.jp((a)を@に変えてください)